見守る保育と乳幼児教育法10ヵ条

 
 

『見守る保育』とは 見守っても大丈夫な子どもたちを育てる保育

『見守る保育』とは 見守っても大丈夫な子どもたちを育てる保育
 
教恵保育園ではギビングツリーの先生方と子どもたちを想い考えています
教恵保育園では、 「保育環境研究所ギビングツリー」で提案された「乳幼児教育法試案」を、大切に思って保育に取り組んでいます。 ~乳幼児教育法試案~ 1.すべての国民は、生まれながらにして 教育される権利がある。 2.乳幼児に対する教育は、子どもの最善の利益が 最も大切にされることが 優先課題である。 3.すべての乳幼児は、その発達において、今を大切にされ、自分らしく生きる権利がある。 4.乳幼児は、人格、才能 並びに精神的及び身体的な能力をその可能な最大限度まで発達 が保障される権利がある。 5.乳幼児期は、生涯にわたっての教育の基礎を培う最も大切な時期であり、決して学校教 育の準備期としての教育であってはならない。ただし、人生の出発点をより強固にする ために、その後の初等教育との接続を大切にする必要がある。 6.乳幼児期は、人として生きていくための意欲、探究心、社会の一員である意識、コミュ ニケーション能力、身体的機能の調和的発達、自律と自立などを身につけていくことが 課題である。 7.乳幼児期における教育は、環境を通して行うことを基本とし、教育のために乳幼児に とってのよい環境を用意しなければならない。 8.乳幼児は、自分に影響する事項について自由に自己の意思を表明することができ、 自分に関係する事項については、その策定において参画することができる。 9.すべての乳幼児においての尊厳を大切にされ、自立を妨げることを排除する。 10.ここでいう乳幼児とは、生まれてからおおむね 8 歳までと定義する。
<<社会福祉法人教恵福祉会 教恵保育園>> 〒892-0871 鹿児島県鹿児島市吉野町6039-10 TEL:099-243-7728 FAX:099-243-7727