本文へ移動

保育園のシンボルツリー セコイヤじいちゃん

セコイヤじいちゃん

シンボルツリー

昭和57年4月教恵保育園は開園しました。
もう41年目に入ります。

その最初に 先代の亮園長と富貴子副園長の
植樹したセコイヤちゃん
「大きくなれ大きくなれ、みんなの側で大きくなって見守って」
そんな想いで植えられたセコイヤでしたが、
大きくなって、根っこが保育園の下に広がってしまって、
このままでは、台風とかが来たら
保育園が壊れてしまうとの 造園の先生の診断で
平成30年3月に、伐採して、お友達みんなの
大きな木のオモチャになりました。
この画像は、セコイヤじいちゃんの最後の
イルミネーションです。

形は変わったけれど、セコイヤじいちゃんは
今もみんなのそばにで見守ってくれています。
 
 
イルミネーションシンボルツリー

思い出写真

なつかしい生活発表会

12月16日土曜日 保育園の生活発表会が行われました 今年の発表会は クラスでの成長を見て頂くことにしていましたが、それだけではなく 3歳以上児さんがお友達を思いやりながら発表できるプログラムもとりいれて、また、天候の関係で参加できなかった鼓笛隊も室内での演奏に演出を変え それぞれの成長も観て頂きました。太陽スポーツクラブの年間のプログラムが加わった体育遊びの成長披露では 自信満々笑顔いっぱいで張り切っていました(*'▽')
社会福祉法人教恵福祉会
教恵保育園
〒892-0871
鹿児島県鹿児島市吉野町6039-10
TEL.099-243-7728
FAX.099-243-7727
0
1
3
8
0
0
TOPへ戻る